GM、米国で5件のリコールを発表…合計27万台が対象

自動車 テクノロジー 安全
サターン・ビュー
  • サターン・ビュー
米国の自動車最大手、GMは8月8日、5件の異なる不具合により、米国でおよそ27万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、GMの一連のイグニッション(点火)スイッチの不具合による大規模リコールを受けて、過去の不具合がリコールに当たるかどうか、精査していた過程で発見されたもの。

27万台のうち、最も台数が多いのが、イグニッションキーの不具合。これはキーがオフの位置以外でも、抜ける可能性があるという内容。走行中、キーが抜けると非常に危険な状態となる。GMによると、この不具合で少なくとも2件の事故が起き、1名が負傷したという。

リコールの対象となるのは、すでにブランド廃止となったサターンのSUV、『ビュー』の2002-2004年モデル。米国で販売された20万2115台がリコールに該当する。

この他、2013年モデルのキャデラック『ATS』を含む2車種では、シートベルトの不具合を発表。4万8059台をリコールするなど、合計で26万9000台をリコールするとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

  • GM、北米で約845万台を追加リコール…死者3名と公表 画像 GM、北米で約845万台を追加リコール…死者3名と公表
  • 【新聞ウォッチ】「タカタ」製エアバッグ不具合800万台超、ホンダ車米国で死亡事故も 画像 【新聞ウォッチ】「タカタ」製エアバッグ不具合800万台超、ホンダ車米国で死亡事故も
  • ヒュンダイ ソナタ 先代、米国で88万台をリコール…トランスミッションに不具合 画像 ヒュンダイ ソナタ 先代、米国で88万台をリコール…トランスミッションに不具合
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース