レクサスの高性能車、 IS F が生産終了…7年の歴史に幕

自動車 ビジネス 企業動向
レクサスIS-F
  • レクサスIS-F
  • レクサスIS-F
  • レクサスIS-F
  • レクサス IS Fの生産終了を明かした矢口幸彦 チーフエンジニアのFacebookページ
レクサスの高性能モデル、『IS F』の生産が終了したことが分かった。

これは7月25日、レクサス IS Fのチーフエンジニア、矢口幸彦氏が、自身のFacebookページで明らかにしたもの。同氏は、IS Fの最終モデルが、愛知県の田原工場からラインオフしたことを明かしている。

レクサス IS Fは2007年1月、デトロイトモーターショー07で発表。日本国内では2007年12月に発売された。先代『IS』をベースに開発。「F」の名前を冠したレクサスの高性能モデルの第一弾が、IS Fだった。

IS Fには、自然吸気の5.0リットルV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最新モデルは、最大出力430ps、最大トルク51.5kgmを引き出した。0‐96km/h加速は4.6秒の実力。

矢口氏によると、7月25日にラインオフしたレクサス IS Fの最終モデルは、米国向けでボディカラーはブルー。なお、日本国内でのIS Fの販売は、2014年5月18日をもって終了している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集