【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
優勝した、No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)
  • 優勝した、No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)
  • 優勝した、No.634 MuSASHi RT HARC-PRO(鈴鹿8耐2014)
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
  • 【鈴鹿8耐】真夏の耐久レース、大波乱の末に決着
二輪モータースポーツにおいて国内最大の規模を誇る「コカ・コーラ ゼロ 鈴鹿8時間耐久ロードレース」(鈴鹿8耐)。第37回大会となる今回は、史上初のスタートディレイにより、6時間55分間の耐久レースとなるなど波乱の幕開けだった。

スタート直後にレジェンド オブ ヨシムラ スズキ シェル アドバンスの青木宣篤が130Rで転倒、往年の名選手ケビン・シュワンツと辻本聡はコースに立つこと無く今年の8耐を終えた。

その後もトップを快走していたF.C.C TSR Hondaの秋吉耕佑がクラッシュ、かろうじてレースには復帰したものの優勝争いから脱落した。

転倒マシン続出で、合計で4度のセーフティカーが投入される事態となった今回の8耐を制したのは、昨年優勝のNo.634 MuSASHi RT HARC-PRO(高橋巧/レオン・ハスラム/マイケル・ファン・デル・マーク)だった。MuSASHi RT HARC-PROは前日のTOP10トライアルでは5位だったものの、最終的には表彰台の中央を勝ち取った。

今回の優勝で高橋巧は歴代5位タイとなる3度目の8耐制覇となった。

2位にNo.34 ヨシムラ スズキ シェル アドバンス、3位にはNo.17 Team KAGAYAMA&Verityが続いた。
《瓜生洋明》

編集部おすすめのニュース

特集