アストンマーティン 最速のロードスター、V12 ヴァンテージS …573psを誇示[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
アストンマーティン V12ヴァンテージS ロードスター
  • アストンマーティン V12ヴァンテージS ロードスター
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンが7月16日に発表した『V12ヴァンテージS ロードスター』。同車のパフォーマンスを誇示する映像が、ネット上で公開された。

現行アストンマーティンのラインナップの最強モデルとして、2013年秋にデビューしたのが、『V12ヴァンテージS』。V12ヴァンテージS ロードスターは、そのオープンボディ仕様。

歴代最強を謳うパワートレインは、クーペボディのV12ヴァンテージS と共通。「AM28」型6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジンは、最新世代のボッシュ製エンジンマネジメントを採用するなど、専用チューニングを実施。最大出力573ps/6750rpm、最大トルク63.2kgm/5750rpmを発生する。

トランスミッションは、7速「スポーツシフト」V12ヴァンテージS ロードスターは、0-100km/h加速4.1秒、最高速323km/hの優れたパフォーマンスを発揮する。この性能は、クーペ版の0-100km/h加速3.9秒、最高速330km/hと比較しても遜色ない。

アストンマーティンは7月15日、公式サイトを通じて、V12ヴァンテージS ロードスターの映像を配信。アストンマーティンの量産ロードスター最速のパフォーマンスをアピールしている。


《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース