【スマート フォーツー 新型】エンジンは自然吸気とターボの2種類、進化する賢さ[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
  • スマート 新型フォーツー
メルセデスベンツ傘下のスマートは7月16日、新型『フォーツー』をベルリンで発表。2014年11月に欧州で発売予定だ。価格は日本円でおよそ150万円。

ボディサイズは全長2690×全幅1660×全高1550mm。ホイールベースは1873mmの設定。現行フォーツーよりホイールベースは8mm延長されたが、全長は50mm短縮。そして全幅は100mm拡大した。

搭載されるエンジンは2種類を設定。999cc自然吸気エンジンは最高出力71hp、最大トルク9.3kgmを発揮するのに対し、898ccターボエンジンは最高出力90hp、最大トルク13.8kgmを発揮する。そしてトランスミッションには新開発の6速デュアルクラッチ式を用いた。

駆動方式は歴代フォーツーを継承しRR方式となっている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集