【フォード エコスポーツ 試乗】コンパクトボディにパッケージングの上手さ際立つ…片岡英明

試乗記 輸入車

フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
  • フォード・エコスポーツ
『エクスプローラー』や『クーガ』を見れば分かるように、フォードはSUVを得意とする自動車メーカーである。『エスケープ』の下のクラスを受け持つクロスオーバーSUVとして送り出されたのが『エコスポーツ』だ。

リアにスペアタイヤを背負っている。また、最低地上高も180mmを確保した。ルックスだけを見ると4WD車のように思われる。が、驚いたことに、エコスポーツはFF車なのだ。

ベースとなっているのは、コンパクトだが、走りのよさが高く評価されている『フィエスタ』である。ボディは、『ジューク』と『ヴェゼル』の中間の大きさだ。コンパクトだが、クーガのようにキュートで、押しが強い。インテリアにはフィエスタの面影が残っている。新素材を採用し、デザインも若々しい。機能的には問題ないが、樹脂のインパネは今一歩の質感だ。

パッケージングはうまい。ボディサイズの割にキャビンは広く、運転席からの見晴らしもよかった。見下ろし感覚で、視界が開けているから小柄な女性でも運転しやすいだろう。頭上は余裕たっぷりだ。後席も実用的な広さを確保した。身長170cmの筆者が座ったときに、膝元には握りこぶし1個分の空間が残っている。ラゲッジルームも満足できる広さで、大きな荷物も難なく入った。

エンジンは連続可変バルブタイミング機構を組み込んだ1.5リットルの直列4気筒DOCHだ。これにデュアルクラッチを持つ2ペダルの6速パワーシフトを組み合わせている。このエンジンはフラットなトルク特性で扱いやすいだけでなく、いざとなれば6000回転オーバーまで使い切ることができた。

一般的なATよりも応答レスポンスは鋭い。だが、ターボは付いていないからパンチ力は今一歩だ。俊敏な加速を引き出したいときはSモードを選び、シフトレバー横のスイッチを操作してマニュアル変速させたほうがいい。クルージング時は静かだ。音色もスポーティだが、急激に加速するとボリュームが高まる。燃費は悪くない。郊外の一般道を走っての平均燃費は13km/リットルだった。

背がちょっと高いため、安定感は乏しいように思われる。だが、冴えたフットワークが自慢だ。軽快な走りを披露し、コントロールしやすい。ワインディングロードでも一体感のある走りを見せ、挙動変化も穏やかだ。オフロードも走ってみたが、FF車とは思えないほど上手に、ギャップが連なる悪路を走り抜けた。エコスポーツは日本車感覚で付き合うことができ、トータル性能も高いクロスオーバーSUVだ。買い得感のある価格設定も魅力的と感じる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★


片岡英明│モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集者を経てフリーのモータージャーナリストに。新車からクラシックカーまで、年代、ジャンルを問わず幅広く執筆を手掛け、EVや燃料電池自動車など、次世代の乗り物に関する造詣も深い。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)会員。
《片岡英明》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集