メルセデス版 ルノー カングー、CITAN …3列シートのロングをドイツ発売

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ CITAN コンビ・エクストラ
  • メルセデスベンツ CITAN コンビ・エクストラ
  • メルセデスベンツ CITAN コンビ・エクストラ
  • メルセデスベンツ CITAN コンビ・エクストラ
  • メルセデスベンツ CITAN コンビ・エクストラ
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツは5月下旬、メルセデスベンツの新型商用車、『CITAN』の新仕様を、ドイツ国内で発売した。

CITANは2012年4月、メルセデスベンツの新世代LCV(軽商用車)として誕生。ダイムラーとルノーの提携効果を生かし、ルノーのLCV、『カングー』をベースに開発されたのが、CITANとなる。

カングーとの違いは、フロントマスク。スリーポインテッドスターを配したグリルやヘッドランプは、CITANの専用デザインとなっており、メルセデスベンツ車の一員との主張を明確にした。

ラインナップは、カングーに準じる。ホイールベースや全長の違いによって、「コンパクト」、「ロング」、「エクストラロング」の3タイプを設定。ボディの種類はパネルバンを基本に、商用ユースに対応した各種モデルを用意する。

今回、メルセデスベンツは、ドイツ向けのCITANに、「コンビ・エクストラ」を追加設定。ロングボディの3列シートで、最大7名乗車を可能にする。商用ユースとプライベートユースの両方に対応。メルセデスベンツは、タクシーとしての使用も想定している。

ベース車両は、「エクストラロング」。4705mmの全長が、ゆとりの室内空間を実現する。エンジンはルノー製で、ディーゼルエンジンのトップグレードは、直噴1.5リットル直列4気筒ターボディーゼルを搭載。最大出力110ps、最大トルク24.5kgmを引き出す。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集