メルセデスの名車、300SL「ガルウイング」…イタリアで大事故

自動車 社会 社会

メルセデスベンツ300SL
  • メルセデスベンツ300SL
  • メルセデスベンツ300SL
  • イタリアで起きたメルセデス300SLの事故現場を伝えた自動車ジャーナリスト、グレッグ・ケーブル氏のTwitter
メルセデスベンツの名車中の名車と評される『300SL』。通称「ガルウイング」で知られる貴重なクラシックメルセデスの1台が、欧州で大きな事故を起こした。

300SLは1954年に発表。同車は当時のレーシングカーと同じ鋼管スペースフレーム構造を持ち、サイドドア部分を通るフレームを避けるため、ガルウイングドアを採用したという逸話を持つ。世界初のガソリン直噴エンジン搭載車としても知られ、3.0リットル直列6気筒エンジンは、最大出力215psを発生。最高速260km/hを誇った。

5月中旬、イタリアで開催された公道ツーリングイベント、「ミッレミリア」に複数の300SLが参加。そのうちの1台が、大きな事故を起こした。

事故では、300SLがBMW『1シリーズ』と衝突。そして、300SLは、フロント部分を大破した。程度のいい車両なら、日本円で1億円は下らないとされるコレクター垂涎の300SLが、無残な姿に。

今年のミッレミリアを取材していた自動車ジャーナリストのグレッグ・ケーブル氏は、この事故の直後の様子を、自身のTwitterページで公開。幸いにも、「重傷者はいなかった」とレポートしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集