【マドリードモーターショー14】レクサス IS にブランド25周年記念車…ボンネットとルーフはカーボン製

自動車 ニューモデル 新型車

レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
  • レクサス IS 25 アニバーサリオ
レクサスは5月20日、スペインで開幕したマドリードモーターショー14において、『IS 25 アニバーサリオ』を初公開した。

同車は、レクサスブランドが誕生してから、今年で25周年を迎えるのを記念した限定車。トヨタ自動車は1989年、米国でレクサスブランドを発表。初代『LS400』(日本名:トヨタ『セルシオ』)を発売し、高級車セグメントに参入した。

IS 25 アニバーサリオは、新型『IS』の「F SPORT」仕様をベースに、25周年記念車にふさわしい特別装備を採用。中でも、TRD製のパーツが特徴で、カーボンファイバー製のボンネット、ルーフ、トランクスポイラー、専用エグゾーストが目を引く。ブレーキはブレンボ製。

室内には、ブラック&ホワイトのレザーシート、TRD製の赤いエンジンスタートボタン、限定車を示すシリアルプレートなどを装備する。

IS 25 アニバーサリオは、スペイン国内で25台が限定発売される予定。パワートレインは、ハイブリッドとガソリンが用意される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集