アウディ A7、欧州で大幅改良…4年ぶりに内外装リファイン

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
  • アウディ A7 スポーツバック の大幅改良モデル
ドイツの高級車メーカー、アウディは5月22日、『A7スポーツバック』の大幅改良モデルを、欧州で発表した。

A7スポーツバックは2010年に登場。リアゲートを備えた全長5mに迫る大型の5ドアハッチバックだが、アウディは「4ドアクーペ」と呼ぶ。セダンの快適性とアウディのワゴン、「アバント」の機能性を融合したのが同車だ。デビューから約4年を経た今回、初の大幅改良を受けた。

A7スポーツバックの大幅改良モデルでは、内外装をリファイン。外観はバンパー、グリル、前後ライト、マフラーなどのデザインを変更し、新鮮さを醸し出す。インテリアは、レザーやウッド、アルミなどに新素材を採用。シートの色には5色が用意され、さらに高級感を追求する。

フロントには、「マトリックスLEDヘッドライト」をオプション設定。これは2013年秋、フランクフルトモーターショー13で発表された改良新型『A8』に初導入されたもの。ウインカーが内側から外側に向けて、徐々に点灯していく「ダイナミックターンシグナル」は、リア側が標準、フロント側はオプション。

メカニズム面では、欧州で主流のディーゼルに新エンジンを投入。最新世代の「3.0TDI」では、パワーを引き上げつつ、燃費や排出ガス性能などの環境性能を、いっそう高めているのが特徴。

最新世代の3.0TDIでは、ピストンのリングとピンを、抵抗を最小限に抑えるように改良。クランクケースと新設計のシリンダーヘッドが、冷却用ループを隔てる。ターボチャージャーとオイルポンプも改良。自動車用ディーゼルエンジンとしては初めて、NOx触媒コンバーターをDPF(ディーゼル・パティキュレート・フィルター)とSCRインジェクションと、一体設計することに成功した。

2967ccの排気量を備えた直噴V型6気筒ターボディーゼルは、最大出力は218psと272psの2仕様がある。排出ガス性能は、2014年9月に欧州市場に導入予定のユーロ6に適合。218psのFF駆動の「ウルトラ」仕様では、欧州複合モード燃費21.3km/リットル、CO2排出量122g/kmという大型クーペとしては異例の環境性能を実現している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集