テスラ モデルS、上海市が無料ナンバープレート発給車に認定…最大150万円節約

エコカー EV

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズのEV、『モデルS』。同車が中国の上海市から、無料ナンバープレート発給の対象車に認定されたことが分かった。

上海市では2002年から、毎月発行する自動車用のナンバープレートの数を制限。これは、深刻な交通渋滞を減らすための対策だ。新たにナンバープレートを取得するユーザーは、月に一回開催されるオークションに参加する必要がある。

ここ数年、このオークションで、ナンバープレートの落札価格が急騰。現在では日本円で、100-150万円の落札価格が相場になっている。

5月上旬、テスラモーターズは2014年第1四半期(1-3月)の決算を開示。この発表に合わせて、「モデルSが上海市から、無料ナンバープレート発給の対象車に認定された」と公表した。

上海市は、モデルSが環境性能の高いEVという点を評価して、優遇措置を講じた。テスラモーターズは、「上海市のモデルSの顧客は、オークションでのナンバープレートの落札価格1-1万5000ドル(約100-150万円)が節約できる」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集