日産 フェアレディZ NISMO、2015年型に進化…米国先行公開にファンが興奮

自動車 ニューモデル 新型車

日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
  • 日産 370Z NISMO(フェアレディZ NISMO)の2015年モデル
日産自動車の米国法人、北米日産が5月16日、ノースカロライナ州で開幕したフェアレディZのファンイベント、「ZDAYZ」において初公開した2015年モデルの『370Z NISMO』(日本名:『フェアレディZ NISMO』)。現地でのアンベールの様子が配信された。

今回発表された2015年モデルは、フェアレディZ NISMOのデビューから1年を経て、初の改良が施された仕様。フロントバンパーのLEDデイタイムランニングライトは、『GT-R』がモチーフ。赤いリップスポイラーの装着をはじめ、小型化されたNISMO製のリアスポイラーは、ダウンフォースを引き上げるための改良。サイドスカート、リアバンパー、アルミホイールも新デザイン。

インテリアは、レカロと共同開発したバケットシートを新採用。スポーツ走行時のホールド性をアップ。ステアリングホイールは、アルカンターラとレザーの組み合わせ。ブラック&レッドのレザーには、アルカンターラのアクセントを添えた。

メカニズム面では、最大出力355psを発生する3.7リットルV型6気筒ガソリンエンジンはそのままに、従来、米国仕様のフェアレディZ NISMOには未設定だった7速ATを用意。シフトダウン時のレブマッチング機能、アダプティブシフトコントロール、パドルシフトによるマニュアルモードが付く。足回りは、サスペンションを再チューニングした。

今回、北米日産は、現地でのアンベールの様子を配信。2015年モデルのフェアレディZ NISMOが、ファンの前で初公開された。日産マーケティングのTy Webb氏は、「多くのファンが興奮する中、初公開した2015年モデルは、公道とサーキットのベストバランスを追求。ZDAYZでの初公開は、最高の舞台となった」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集