【WEC】ポルシェ、ルマンに向けた長距離テストをスペインで実施

自動車 ビジネス 企業動向

ポルシェAGは、世界耐久選手権(WEC)LMP1クラスに参戦するポルシェ『919ハイブリッド』の長距離テストを、スペイン北部のモーターランド・アラゴンで行ったと発表した。

ル・マン24時間レースに向けて最後の長距離テストとなる今回は、ゼッケン14番をドライブするロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)と、ゼッケン20番をドライブするティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)/マーク・ウェバー(オーストラリア)が、1台の919ハイブリッドをシェアした。理想的ともいえる天候のもとで行われた3日間におよぶレースシュミレーションプログラムの総走行距離は、夜間走行も含めて6606kmに達した。

LMP1チームのアンドレア・ザイドル監督は「我々にとって初めての24時間レースを間近に控えた今回のテストで重きを置いたのは、クルマの信頼性だ。これまでのテストと今シーズンの2レースで得た経験に基づいて行ったモディファイが正しいことも証明できた。今後の2週間でスペアパーツも含めた2台の919ハイブリットを準備し、6月1日にル・マンで行われるテストには万全の体制で臨む」とコメントした。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集