【ジープ チェロキー ロンジチュード 試乗】現代的に進化した軽やかなFFモデル…島崎七生人

試乗記 輸入車

ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
  • ジープ・チェロキー ロンジチュード
性格分けが明快な新型『チェロキー』のうち、もっともカジュアルに乗りこなせるのがこの「ロンジチュード」だ。シリーズではこのグレードのみFF(前輪駆動)を採用している。

車重は1730kgで、他の2グレードより260~150kgほど軽量。車検証上の前/後軸重は「リミテッド」と較べると1020/710(リミテッド=1100/800)となる。タイヤサイズも225/60R17とスリムだ。これらの理由で、オンロードを走り出せば、クルマの挙動がグッと軽やかなことがわかる。

搭載エンジンは2.4リットルの直4となる。フィアット由来の“MultiAir2バルブトレインシステム”を採用するこのユニットにも9速ATが与えられる。音・振動面ではV6より幾分か鷹揚で、高速走行時の再加速時など、パワーの立ち上がりを“待つ”場面があるのは事実。とはいえ街中の用途をメインとすれば不満はなく、何よりレギュラーガソリン仕様(V6も同様)というのがありがたい。またスペアタイヤに代えて補修キットを標準搭載する。いずれにせよ、かつてV8を載せていたことを思えば、実に現代的、革新的なコンセプトの最新チェロキーといえる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集