メルセデスのハンガリー工場に爆破予告…操業を一時停止

自動車 社会 社会

メルセデスベンツのハンガリー新工場
  • メルセデスベンツのハンガリー新工場
  • メルセデスのハンガリー工場が爆破予告で操業を一時停止したと伝える『ロイター』
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツのハンガリー工場。同工場が5月7日、爆破予告によって、操業を一時的に停止したことが分かった。

これは5月7日、『ロイター』が報じたもの。同メディアの取材に対して、ダイムラーの広報担当者は、メルセデスベンツのハンガリー工場が、何者かの爆破予告によって、生産を見合わせていることを認めたという。

ケチケメート工場は2012年3月末、操業を開始。ダイムラーが8億ユーロを投資して建設した新工場で、ハンガリー中央部のケチケメートに立地。メルセデスベンツのコンパクトカーの生産拠点に位置づけられる。

ケチケメート工場では、メルセデスベンツ『Bクラス』と『CLAクラス』を生産中。Bクラスは、ドイツのラスタット工場でも組み立てられているが、CLAクラスはケチケメート工場だけで生産。

5月からケチケメート工場では、3シフト制を導入したばかり。これは、メルセデスベンツのコンパクトカーに対する需要が伸びているためで、3シフト制により、増産体制を敷く。

同メディアの取材に対して、ダイムラーの広報担当者は、「警察当局と協力し、ケチメート工場の全従業員を避難させた。現在、警察の専門チームが工場内を調査中」とコメントしている。
《森脇稔》

関連ニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

特集

おすすめの商品