【スバル レヴォーグ 発表】2リッターモデルは最高出力300ps

自動車 ニューモデル 新型車

スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
  • スバル・レヴォーグ
富士重工業は、新型スポーツツアラー『スバル レヴォーグ』を発表、6月20日より販売を開始する。

レヴォーグは、スバルが長年培ってきた「安心で愉しい」クルマづくりのノウハウと最新技術を注ぎ込むことで、新世代のスバルを具現化した新型スポーツツアラーだ。

レヴォーグには、それぞれの特長を持った2種類の水平対向4気筒エンジンを用意。新開発の1.6リッター インテリジェントDITは、最高出力は170ps、最大トルク250N・mを発揮。小排気量エンジンと直噴ターボの組み合わせにより、軽快で愉しい走りと、17.4km/リットル(JC08モード)の優れた燃費性能を両立。レギュラーガソリン仕様とすることで、経済性も高めた。

一方、2リッター ハイパフォーマンスDITは、300psの高出力と、2000rpmで400N・mに達するトルクを発揮。圧倒的なパフォーマンスを発揮しながら、13.2km/リットルの燃費性能を実現する。

さらに、新世代へと進化したスバル独自の運転支援システム「EyeSight(ver.3)」を初搭載。より広角かつ遠方まで捕捉し、カラー認識も実現した先進安全機能を大幅に進化させた。また、操舵支援機能であるアクティブレーンキープをはじめ、AT誤後進抑制、ブレーキランプ認識制御などの新機能、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールの性能向上により、最先端の予防安全技術を提供する。

デザイン、パッケージについては、スバルのワゴンづくりのノウハウを活用することで、新世代のスポーツツアラーに相応しい流麗でスタイリッシュなシルエットの中に、使い勝手の良い大容量のカーゴルームを実現。インテリアは、ドライビングを快適に愉しめるゆとりある空間とし、仕立ての良さを感じさせる上質なデザインを採用した。

ボディサイズは全長4690×全幅1780×全高1490mm(1.6リッターモデルは1485mm)。価格は266万7600円から356万4000円。1.6リッターモデルは自動車取得税・重量税免税対象に、2リッターモデルは自動車取得税60%・重量税50%減税対象となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集