【株価】日産が900円台を回復…2月の国内生産が「スカイライン」等中心に2ケタ増

自動車 ビジネス 株価
日産 新型 スカイライン
  • 日産 新型 スカイライン
  • トヨタ・ヴィオス
全体相場は3日続伸。

米国株安を嫌気し、寄り付きは利益確定の売りが先行。しかし、売り一巡後は円相場の伸び悩み、アジア株高を受けプラス圏に転換。先高期待の買いを背景に、引けにかけてじり高の展開となった。

平均株価は前日比73円14銭高の1万4696円03銭と続伸。

自動車株はほぼ全面高。

トヨタ自動車が54円高の5785円と5日続伸。インドネシア法人が中東9カ国向けにコンパクトセダン「ヴォイス」の輸出を開始したと伝えられた。

日産自動車が6円高の900円と反発し、終値ベースで3月6日以来の900円台を回復。2月の国内生産実績は新型「スカイライン」「インフィニティQ50」などを中心に前年同月比13.7%増と堅調。 

ホンダも21円高の3554円と反発。

スズキ、日野自動車、富士重工業が続伸。

ダイハツ工業、三菱自動車がしっかり。

こうした中、マツダが6円安の439円と反落。

いすゞ自動車が10円安の574円と続落。
《山口邦夫》

編集部おすすめのニュース

特集