プジョー 308 に新1.2リットル3気筒ターボ…燃費計測で35km/リットル達成

自動車 ニューモデル 新型車
プジョー308の「ピュアテック」搭載車
  • プジョー308の「ピュアテック」搭載車

フランスの自動車大手、プジョーの主力車種『308』。同車が欧州において、ガソリンエンジン搭載の量産車として、最高の燃費性能を達成したことが分かった。

これは3月18日、プジョーが明らかにしたもの。「欧州向けの308に新設定される3気筒ガソリンエンジンが、欧州のガソリン車で最高の燃費となった」と公表している。

この新エンジンは、「ピュアテック」と呼ばれる1.2リットル直列3気筒ガソリンターボユニット。最大出力は130psを発生する。トランスミッションは6速MT。

今回プジョーは、308のピュアテックの欧州発売を控えて、同車の燃費計測を実施。その結果、燃料満タン状態から無給油で、32時間以上をかけ、1810kmを走破することに成功した。燃費は35km/リットルという驚異的な数値。

プジョーは、「308は素晴らしい経済性とクラスをリードする能力を持つ。308が欧州のガソリン車で最高の燃費になった」と自信を示している。

《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース