熊本電鉄、「くまもん電車」の営業運行開始…efWING装着

鉄道 企業動向
熊本電気鉄道は3月14日、藤崎宮前11時55分発の列車から、ラッピング車「くまモン電車」の営業運用を始めた。

「くまモン電車」は、6000系電車2両編成1本(6221A+6228A号)の車体を熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」で装飾したラッピング車。車内の座席柄は熊本にちなみ、馬や辛子れんこん、加藤家の家紋である蛇の目紋や桔梗紋などをデザインした。

また、ラッピング車としての営業運行開始にあわせ、川崎重工が開発したCFRP台車「efWING(イーエフ・ウィング)」を装着した。efWINGを営業運行で用いるのは、熊本電鉄が世界で初めてになる。

熊本電鉄は、「(世界初採用の台車は)ホーム上からではなかなか見えにくい車輪の部分ですので、新しい台車を装着した電車ですよと分かりやすくするため」ラッピングを施したとしている。


(熊本電鉄が公開した出発式の動画)
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

  • 川崎重工のCFRP台車、熊本電鉄で世界初採用 画像 川崎重工のCFRP台車、熊本電鉄で世界初採用
  • 【第3回鉄道技術展】川崎重工、CFRPを採用した次世代台車「efWING」の実物を展示 画像 【第3回鉄道技術展】川崎重工、CFRPを採用した次世代台車「efWING」の実物を展示
  • 川崎重工、台車フレームにCFRP採用した世界初の鉄道車両台車を開発 画像 川崎重工、台車フレームにCFRP採用した世界初の鉄道車両台車を開発
  • 福井鉄道、4月から土電ドイツ車導入…愛称を公募 画像 福井鉄道、4月から土電ドイツ車導入…愛称を公募

特集