セアトレオン新型、ニュルFF最速ラップタイム達成の瞬間[動画]

自動車 ニューモデル 新型車
新型セアト レオン・クプラ280のドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるタイムアタック
  • 新型セアト レオン・クプラ280のドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるタイムアタック
フォルクスワーゲングループに属し、スペインに本拠を置くセアトが3月4日、ジュネーブモーターショー14でワールドプレミアした新型『レオン・クプラ280』。同車がドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおいて、市販FF車の最速ラップタイムを記録した際の映像が公開された。

新型レオン・クプラ280は、新型『レオン』シリーズの最強グレードとして、ジュネーブモーターショー14で発表。新型レオンは、フォルクスワーゲングループが開発した新型モジュラープラットフォーム、「MQB」を導入。新型フォルクスワーゲン『ゴルフ』、新型アウディ『A3』と車台を共用している。

新型レオン・クプラ280は、フォルクスワーゲングループの直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ「TSI」を搭載。新型『ゴルフR』譲りのこのエンジンは、最大出力280ps、最大トルク35.7kgmと、セアトの市販車としては歴代最強のスペックを獲得した。0-100km/h加速は5.7秒、最高速は250km/h(リミッター作動)のパフォーマンスを誇る。

これまで、市販FF車でのドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおける最速ラップタイムは、ルノー『メガーヌR.S.トロフィ』が保持。2011年6月に打ち立てた8分7秒97だ。新型レオン・クプラ280はこれを9秒以上短縮し、8分を切る7分58秒44の新記録を打ち立てた。

ユーモアを盛り込みながら、ニュルFF最速ラップタイム達成の瞬間を紹介した映像は、セアトが3月4日、公式サイトを通じて配信している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集