プジョー 3008がフェイスリフト…最新のプジョーデザイングリルを採用[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
  • プジョー・3008
プジョー・シトロエン・ジャポンは3月3日より、フェイスリフトしたプジョー『3008』を発売すると発表した。

プジョー3008は、2010年6月の発売以来、クロスオーバーモデルとして好調に販売が推移し、2013年フランスにおいては3万8000台以上を販売。モデル別ランキングベスト10にランクインしている。

今回のフェイスリフトでは、フロントフェイスの変更に加え、トラクションコントロールを進化させた“グリップコントロール”が追加された。そのほかリアコンビネーションランプがLED化され、新デザインのアロイホイールが装着される

フロントフェイスは、グリルのデザインが変更された。これまでの格子型から横桟になり、クロームで周りが縁取られている。同様に、フォグランプも同じくクロームで縁取られた。また、グリル上部には、プジョーレタリングが配されている。ヘッドライトは、LEDポジションランプ付になった。

グリップコントロールは、駆動輪へのエンジントルクとブレーキを制御し、滑りやすい路面での走行をスムーズにする機能だ。ノーマルモード及び機能そのものをオフにできるほか、ユーザーが“スノー”、“マッド(泥道)”、“サンド”の3つのモードを路面状況に合わせて任意に選択することも可能だ。その操作は、センターコンソールのスイッチで行う。

価格は3008 Premiumが329万円、3008 Cieloが359万円である。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集