【ジュネーブモーターショー14】マクラーレン 650S 公式発表…3.8 V8ツインターボは650ps

自動車 ニューモデル 新型車

マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
  • マクラーレン 650S
英国のスーパーカーメーカー、マクラーレンオートモーティブは2月17日、マクラーレン『650S』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー14でワールドプレミアを飾る。

マクラーレン650Sは、『MP4‐12C』と『P1』の間に位置する新型スーパーカーとして企画。マクラーレンオートモーティブは、スーパーカーの車種ラインナップの拡大構想を掲げている。同社の第3のスーパーカーとして登場するのが、650Sとなる。

車名の「650」とは、エンジンパワーに由来。MP4‐12C用の「M838T」型3.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力を650psへパワーアップ。MP4‐12Cの625psに対して、25ps上乗せされた。

また、車名の「S」は、スポーツを意味。マクラーレンオートモーティブによると、アクティブエアロダイナミクスやプロアクティブ・シャシー・コントロールシステムにより、優れたハンドリング性能を実現しているという。

マクラーレン650Sのボディタイプは、クーペと電動リトラクタブルルーフを備えたスパイダーの2種類。ジュネーブモーターショー14で初公開された後、2014年春に発売される予定だ。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集