【日産 デイズ ルークス 発売】開発担当安居氏、燃費は「免税」を意識

自動車 ニューモデル 新型車

日産・デイズ ルークス
  • 日産・デイズ ルークス
  • 日産 安居理進・リージョナルプロダクトマネージャー
  • 日産・ルークス ハイウェイスター
  • 日産・ルークス ハイウェイスター
  • 日産・ルークス ハイウェイスター
  • 日産・ルークス
  • 日産・ルークス
  • 日産・ルークス
日産自動車は2月13日、三菱自動車工業との協業による軽自動車の第2弾「デイズ ルークス」を発売した。各社の競合が激しいモアスペース(スーパーハイト)分野の新モデルであり、月間5000台の販売を目指していく。

軽自動車のこのカテゴリーは、使い勝手や経済性などユーザーが求めるハードルが極めて高い。燃費性能もそのひとつだが、ルークスは自然吸気エンジンのFFモデルで26.0km/リットル、ターボの同モデルで22.2km/リットルとクラストップには届いていない。

ただし、自然吸気タイプは4駆車も含め、すべてエコカー補助金制度の免税対象となる。同様にターボ車はすべて50%減税が適用される。開発を担当した日本商品企画室の安居理進リージョナルプロダクトマネージャーは「お客様の関心のひとつは、(自然吸気モデルで)免税になるかどうかにある。そこにはしっかり対応した」と話す。

免税をクリアしたうえで、走行性能など総合的に商品力を磨いたというわけだ。「燃費にこだわってクルマをつくり潰すようなことにならないよう留意した」と安居氏。モアスペースならではの「日常の使いやすさの追求」など、総合力をアピールしている。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集