【デリーモーターショー14】ルノー KWIDコンセプト発表…小型ヘリを備えたコンパクトSUV

自動車 ニューモデル 新型車

ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
  • ルノー KWIDコンセプト
フランスの自動車大手、ルノーは2月5日、インドで開幕した「第12回オートエキスポ2014」(デリーモーターショー14)において、『KWIDコンセプト』をワールドプレミアした。

同車は、インドなどの新興国市場のニーズに応えて、ルノーがコンパクトカーセグメントに、新たなビジョンを示した1台。陽気で力強いデザインや優れたコネクティビティ整備を意識して、若い世代の顧客をターゲットに開発された小型SUVだ。

デザインには、インドをはじめ全世界のルノーのデザインチームが参画した。非常に短いオーバーハングや、逞しいオーバーフェンダーが特徴だ。ルノーによると、バギーカーに見えるようなデザインを狙ったという。

室内は、鳥の巣をモチーフとし、繭に包まれたようなデザインを提案。シートは、室内中央フロアの1か所に固定され、空中に浮いているかのよう。前席は3名がけで、ドライバーは中央に座る。ダッシュボードには、タブレット型端末が組み込まれ、ナビゲーションとしても機能する。

「フライング コンパニオン」と命名された小型ヘリコプターが、KWIDコンセプトのルーフに内蔵されており、ドライブに伴走して飛行するのはユニークな発想。自動飛行モードと室内のタブレット端末から操作できるマニュアル飛行モードを備え、走行中のKWIDコンセプトにエンタメ情報や安全面に関わる情報を送ってくる。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。モーターとバッテリー(二次電池)によるEV走行モードに加えて、最新世代の1.2リットルガソリンターボエンジンによる走行も可能。トランスミッションは、デュアルクラッチの「EDC」を組み合わせている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集