2013年のクライスラー米国販売、9%増の180万台…2007年に次ぐ記録

自動車 ビジネス 海外マーケット
クライスラー・タウン&カントリー
  • クライスラー・タウン&カントリー
  • ダッジ ダート
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープ ラングラー
  • ラム1500
  • ダッジ・キャラバン
米国自動車大手、クライスラーグループは1月3日、2013年の米国新車販売の結果をまとめた。総販売台数は180万0368台で、2007年に次ぐ記録。前年比は9%増で、4年連続で前年実績を上回った。

販売結果をブランド別で見ると、「クライスラー」が前年比2%減の30万2492台と後退。「ジープ」は3%増の49万0454台と堅調。「ダッジ」は14%増の59万6343台、「ラム」は22%増の36万7843台と、引き続き伸びている。

クライスラーブランドでは、ミニバンの『タウン&カントリー』が、前年比9%増の12万2288台と牽引。しかし、『300』は18%減の5万7724台。『200』は2%減の12万2480台にとどまった。

ジープブランドでは、『グランドチェロキー』が前年比13%増の17万4275台と人気が持続。新型投入を控えた『リバティ』(日本名:『チェロキー』)は、92%減の6101台。『ラングラー』は15万5502台を売り上げ、前年比は10%増と好調が続く。

ダッジブランドでは、ミニバンの『キャラバン』が前年比12%減の12万4019台と後退。『チャレンジャー』は19%増の5万1462台を販売した。新型小型セダンの『ダート』は、8万3388台と好調。ラムブランドでは、大型ピックアップトラックの『ラム』が、21%増の35万5673台と大幅増を維持する。

クライスラーグループの米国営業担当責任者、レイ・ビッグランド氏は、「クライスラーグループは2013年12月、6%の伸びと45か月連続の前年実績超えで、1年を終えた」と述べている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース