【トヨタ ハリアー 新型発表】エクステリアデザインのキーワードは、“Elegant Velocity”

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー「Elegance」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Premium」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
  • トヨタ・ハリアー ハイブリッド「Advanced Premium Package」
トヨタ『ハリアー』のエクステリアデザインは、いかにハリアーらしさを残しながら進化させるかが課題であった。

「エクステリアデザインのキーワードは、“Elegant Velocity(エレガント・ヴェロシティ)”」と話すのは、豊田自動織機自動車事業部技術部デザイン室車両デザイン第1グループの冨田健二さん。「スピード感のある伸びやかさ、勢いを感じさせるようデザインした。あまりごちゃごちゃしたデザインではなく、プロポーションやスタンスで勝負している」という。

具体的には、「フロントオーバーハングをあえて長く取り、リアオーバーハングはかなり短く切り詰めた。こういうプロポーションで躍動感を表現している」とし、面に関しては、「凄くシンプルに作った。シンプルに作れば作るほどごまかしがきかなくなるので、面の練り込みなど細かいところには気を使い仕上げた」と述べる。

ハリアーらしさについて冨田さんは、「“WILD but FORMAL”という初代ハリアーからのテーマは引き継がれている。フォーマルではあるものの、どこか着崩したようなフォーマル感。少し着崩すことで、色気や艶っぽい雰囲気を醸し出している。そこがハリアーらしさだ」と話す。新型ではこのテーマを継承し、さらに磨きをかけていったのだ。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集