【VW ゴルフ ヴァリアント 新型発表】幅広い年齢層に向けてのオールラウンドワゴン

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
フォルクスワーゲングループジャパンから年明けに発売が開始される「ゴルフヴァリアント」。この新型は、先代よりも、クルマを使って楽しんでもらおうというメッセージが強く表れているという。

同社マーケティング本部プロダクト・マーケティング課の堀内慎太郎さんは、ステーションワゴンのユーザー層について、「昨今のステーションワゴン市場のトレンドは、ミニバンの3列シートは必要なくなったが、ユーティリティは捨てがたいので小さいクルマにはしたくない。また、クルマを使って自分の趣味をもっと謳歌したいという方々が、コンパクトワゴンを購入している」と分析。また、「まだ子供が小さくミニバンの必要がない、あるいは、駐車場の関係(多くは高さ方向)でステーションワゴンを購入するなど多くの理由がある」という。

そこで新型ゴルフヴァリアントは、「若い方々から、年配の方まで、様々な年代層に乗ってもらえるオールラウンドのワゴンになるのではないかと期待している」と述べる。

堀内さんは、「機能性や、ラゲッジスペースの使いやすさはこれまでと同様に、新型は、そういったものを使ったユーザーのライフスタイルにまで一歩踏み込んだのが、先代よりも特に強調していることだ」と話す。これは、このクルマで広がっていくユーザー自身のライフスタイルと、世界観を表現したコミュニケーションメッセージ、“+ing”の所以でもあるという。

ドイツ本国でも、この点は共通だ。「本国でも、これまではファンクションありきで販売していたが、新型はよりエモーショナルで、クルマを使って楽しんでもらおうというメッセージが強くなっている」と堀内さん。「それを日本風にアレンジし、ステーションワゴンのトレンドも踏まえると、“+ing”につながると考えている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集