【VW ゴルフ ヴァリアント 新型発表】ひとつ上の上質感を目指すワイド&ローフォルム

自動車 ニューモデル 新型車

フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
  • フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアント
フォルクスワーゲングループジャパンから発表された『ゴルフヴァリアント』は、先代よりもシャープでスポーティ、そして上質なデザインを目指しているという。

エクステリアデザインについて、フォルクスワーゲングループジャパンマーケティング本部プロダクト・マーケティング課の堀内慎太郎さんは、「ルーフレールを除いた全高が低くなり(1485mmで先代より-45mm)、全幅は広くなった(先代より+15mmの1800mm)ことで、ワイド&ローで、スポーティなプロポーションを強調している」と話す。

また、「サイドウインドウ下端のショルダー位置にはクロームが使われるとともに、前から後ろにかけて、直線基調のプレスラインが入る。これらにより、伸びやかでスポーティさを表現している」と述べる。

このサイドのプレスラインは、ハッチバックでは、リアドアで終わっているが、ヴァリアントではリアホイールハウス後ろより再び始まり、リアゲートにまでつながっている。これにより、斜め後方から見ると、筋肉質で引き締まったデザインになった。

インテリアでは、センターパネルに、ディスカバープロがオプション設定された。これは、「車両の調整機能(サスペンションなど)や空調などをタッチパネルで一元管理しているものだ」と堀内さん。8インチフルカラーディスプレイを持った、ナビゲーションシステムと詳細車両情報をスクリーンタッチで直観的に操作できるもので、フォルクスワーゲンとしては、タッチスクリーンの採用は7代目ゴルフが最初だという。

また、センターコンソールはエレクトリックパーキングブレーキを採用することで、その周りをすっきりとしたデザインに変更された。「先代のゴルフヴァリアントに乗っていたユーザーはかなり広くなったと同時に、高級感も感じてもらえるだろう。これらにより『パサートヴァリアント』と同じくらいの質感が感じられるなど、ひとつ上のセグメントが持っている上質感を備えていると思う」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集