マツダ試乗会での自動ブレーキ事故、車両には故障・異常なし…警察との合同調査結果公表

自動車 テクノロジー 安全

マツダは12月26日、埼玉県で発生した安全装備の体感試乗会における事故について、当該車両に故障・異常がなかったことを確認したと発表した。

11月10日、坂田自動車工業(埼玉県深谷市)が開催していた、『CX-5』による安全装備「スマート・シティ・ブレーキ・サポート」の体感試乗会で車両がフェンスに衝突。試乗中の一般客と販売会社の従業員2名が負傷する事故が発生した。

マツダは、事故発生直後より警察の要請に基づき調査に全面的に協力してきたが、警察との合同調査の結果、試乗会で事故を起こした車両に故障・異常がないことがわかった。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集