ヒュンダイとキア、米燃費誇張問題で和解…総額410億円を顧客に支払いへ

自動車 ビジネス 企業動向

ヒュンダイ・エラントラ
  • ヒュンダイ・エラントラ
  • キア・フォルテ
韓国ヒュンダイモーターとその子会社のキアモーターズが、米国で販売する新車の燃費を誇張していたとして、顧客から提訴されていた裁判。この裁判で、顧客との和解が成立した。

この問題は、2012年11月に発覚。ヒュンダイとキアは米国市場において、高速燃費が40マイル/ガロン(約17km/リットル)と大々的に宣伝し、競合車に対する燃費の優位性をアピールしてきた。しかし、その根拠となる燃費データが誤りで、実際の燃費はそれよりも低いことが判明。米国EPA(環境保護局)の勧告を受けて訂正した燃費では、40マイル/ガロンに届くモデルは1車種もなかった。

両社が燃費を誇張していたのは、2011-2013年モデルの新車として、米国で2012年10月末までに販売されたモデル。ヒュンダイ8車種、キア5車種の合計13車種、およそ90万台が該当する。

この問題発覚を受けて、米国の顧客の一部が、ヒュンダイとキアに補償を求めて提訴。12月23日、その裁判において、和解が成立した。

和解の内容は、ヒュンダイが最大で2億1000万ドル、キアが最大で1億8500万ドルの合計3億9500万ドル(約410億円)を顧客に支払うというもの。消費者を欺いた燃費誇張の代償は、高くついた形となった。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集