【トヨタ ハリアー ハイブリッド 試乗】クールな佇まいに見合う洗練された走り…島崎七生人

試乗記 国産車

ここ最近のトヨタ車中、傑出した外形&内装デザイン、と断言したい。実車のミステリアスな佇まいは実にクールで、人の気持ちを引き込むチカラがある。

外形ではシャープなデザインのフロントまわりとリヤのショートオーバーハングが、小気味よい動的バランスを作り出す。濃色のボディカラーなら、精悍な雰囲気もある。

内装はセンスがいい上、質感表現もかなりのもの。とくにインパネ部を始めとしたソフトパッド部は、風合い、ステッチ(本物)ともに見た目も触感も上出来。クローム部品の抑えの効いた使い方など、趣味のいい落ち着いた仕上がりになっている。

ハイブリッドの走りも洗練されている。2.5リットルガソリンエンジン+2モーター(システムパワー197ps)に電気式4WDを組み合わせたパワートレーンは、想像以上に洗練されたマナーをもつ。とくにEV走行からエンジンがいつ“入ったか”がわからないほどの制御の上手さは、このクルマの上質な走りを象徴するものだ。乗り味はしっとりとしており、それがゆったり走らせてもペースを上げても変わらないものいい。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集