【オートモーティブワールド14】ヴァレオ、レーザースキャナー搭載のデモカーを出展

自動車 テクノロジー 安全

ヴァレオは、2014年1月15日から17日まで東京ビッグサイトにて開催される「オートモーティブワールド2014」の自動運転車特別展示エリアにレーザースキャナー「SCALA」を搭載したデモカーを出展する。

SCALAは、車両周辺をスキャンし、車、バイク、歩行者、静止物である木や停止している車、ガードレールなどを検知。このデータを基に障害物ごとに種類分けされた車両周辺マップを作成することで、車両や歩行者に対する緊急ブレーキ、自動回避等のアクティブセーフティー機能の向上、自動運転、自動駐車や渋滞時の自動追従などが可能になる。

同社はフランクフルトモーターショーで、将来に向けたレーザースキャナーの利用例として「Valet Park4U」を披露した。ドライバーが駐車場の入り口で車から降り、Valet Park4Uを起動すると、車は自動走行で空きスペースを見つけて駐車。出庫時のステアリング操作も自動で行われ、ドライバーは入口にいながらにしてスマートフォンを使って車を呼び出すことができる。

オートモーティブワールド2014のデモカー展示スペースでは、フランクフルトモーターショーで行った実車でのデモ走行の様子をビデオで紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集