【トーヨー トランパス 発表】拡大する市場に向け、軽自動車専用に開発

自動車 ニューモデル 新型車

東洋ゴム工業は「トランパスシリーズ」の新商品を発表(写真:開発を担当した東洋ゴム工業の古川誠氏)
  • 東洋ゴム工業は「トランパスシリーズ」の新商品を発表(写真:開発を担当した東洋ゴム工業の古川誠氏)
  • 【トーヨー トランパス 発表】拡大する市場に向け、軽自動車専用に開発
  • トランパス LuK
  • トランパス LuK
  • トランパス LuKの説明資料
  • トランパス LuKの説明資料
  • トランパス LuKの説明資料
  • トランパス LuKの説明資料
拡大する軽自動車市場に向け、東洋ゴム工業は「トランパスシリーズ」として初めて軽自動車専用に開発した『トランパス LuK』を発表した。

開発を担当した東洋ゴム工業の吉川誠氏は「軽自動車ではどのようなタイヤの性能が求められるのかを調べ、実際に軽自動車を開発車両として使うなど、一から開発したのが“トランパス LuK”になります」と話す。

国内新車販売の約4割となる軽自動車に向けて開発したのが「トランパス LuK」。

「軽自動車のタイヤはサイズが小さく、特に現在主流のハイトワゴン系のモデルでは、車両の重量をタイヤの空気圧を高めて支えるため、空気圧設定も高くタイヤにかかる負荷が高く摩耗性能も悪くなり、非常にシビアな性能が求められます」(吉川氏)と明かす。

新商品のトランパス LuKの特徴について、吉川氏は「今回、軽自動車用としは初めて、タイヤの接地面にあたる層に補強のための素材を取り入れるなど、“しっかり感”を出すためにタイヤの剛性を高めています。さらに、転がり抵抗で“A”を達成させているのが設計におけるポイントで難しい部分でした」と話した。

加えて「これまで、ミニバン専用タイヤの開発で培ったノウハウを採用して“しっかり感”のあるタイヤに仕上がっていると思います」と自信を示した。
《》

編集部おすすめのニュース

特集