アウディのルマンレーサー、2014年型 R18 e-トロン・クワトロ 初公開…レーザーライト採用

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

アウディは12月18日、ドイツ・インゴルシュタットにおいて、2014年のルマン24時間耐久レースやWEC(世界耐久選手権)のLMP1クラスに参戦する、2014年型『R18 e-トロン・クワトロ』の実車を初公開した。

すでに公表されている通り、2014年モデルでは、2つ目のハイブリッドとして、熱エネルギー回生システムを採用。これはV6 TDIエンジンの電動ターボのブースト圧が最も高い時、排気熱を電気エネルギーに変換するシステム。これにより、従来比で最大30%の燃費向上を可能にした。

12月18日、アウディは、2014年型R18 e-トロン・クワトロの実車初公開に合わせて、同車に採用された新技術を披露。それは、「レーザーライト」と呼ばれる新開発のヘッドランプ。

このレーザーライトは、メインのLEDヘッドランプを補完する役割を担うもの。ブルーのレーザービームを放つことで、従来よりも均一に路面を照らすことができるという特徴を備える。

アウディは、このレーザーライトを将来、市販車にも採用する方針。アウディ・モータースポーツのウォルフガング・ウルリッヒ代表は、「新しい照明技術を導入することで、アウディはルマンでもうひとつのマイルストーンを打ち立てようとしている」と述べた。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集