富士重、オートカラーアウォードでエントリー2車種がともに受賞

自動車 ビジネス 企業動向

富士重工業は12月13日に開催された「オートカラーアウォード2014」において、スバル『XVハイブリッド』(外装色:プラズマグリーン・パール、内装色:ブラック+シルバーアルカンターラ)が「オートカラーデザイナーズセレクション エクステリア部門賞」を受賞したと発表した。

また、『BRZ プレミアムスポーツパッケージ』(外装色:ダークグレー・メタリック、内装色:ブラック+タンレザー)も「文化学園大学セレクション」を受賞し、エントリーした2車種がともに受賞した。

オートカラーアウォードは「Good Color For Good Car いい車は色が美しい」をテーマに、内外装すべてのカラーデザインの美しさを評価、1998年から毎年実施されている。今回受賞した「オートカラーデザイナーズセレクション」は、自動車メーカーのデザイナーが、自社以外のカラー表現が最も優れているカラーデザインを互選する賞。また、文化学園大学セレクションは、文化学園大学の学生が学生ならではの視点で評価し、最も表現が優れているカラーデザインが表彰される。

なお、同顕彰制度で、スバルの受賞は4年連続8度目となる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集