【東京モーターショー13】トヨタ JPNタクシー…プライドを持って運転してもらえるように

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ JPNタクシー コンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ JPNタクシー コンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
  • トヨタ・JPNタクシーコンセプト(東京モーターショー13)
東京モーターショー13にトヨタが出展したコンセプトカー、『JPNタクシーコンセプト』は、ドライバーがプライドを持って仕事が出来るようデザインされているという。

インテリアを見ると、運転席とそれ以外とでカラーが違うことに気付く。トヨタ自動車東日本デザイン部第2デザイン室第1デザイングループグループ長の堀田達也さんによると、「プロの仕事場というイメージであえて変えている」という。

また、独特の形状のセンタークラスターは、機能からデザインされており、「しっかり乗客のエリアと仕事場のエリアを分けている。また、機能的にもドライバーの私物、例えば飲み物などを乗客から見えないよう、内側にポケットを設け収納できるようにした」と話す。

料金トレイも室内が広いことから、乗客から遠くなってしまうので、後ろに引き出すことが出来、電子決済なども可能にした。「これら機能を突き詰めていくと、必然的にコンソールのデザインが決まるのだ。必要な機能を突き詰めていくと形が見えてくる。そういうデザインがこのクルマは求められ、かつ、冷たい印象にならないようデザインした」と述べる。

最後に堀田さんは、「プライドを持って運転してもらえるようなクルマを作りたい。子供がなりたい職業でタクシーの運転手といってもらえるようになりたいと、コックピットやパイロットの雰囲気を意識してデザインした」と想いを語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集