ホンダ シティ 新型、インドでワールドプレミアの瞬間[動画]

自動車 ニューモデル 新型車

新型ホンダシティのインドでのワールドプレミアの様子を紹介した『モータートレンド』
  • 新型ホンダシティのインドでのワールドプレミアの様子を紹介した『モータートレンド』
ホンダのインド法人、ホンダカーズインディアが11月25日、インドのニューデリーで初公開した新型『シティ』。そのワールドプレミアの様子が、ネット上で配信されている。

シティは、ホンダの新興国向けコンパクト4ドアセダン。新型は4世代目モデルで、日本のホンダR&Dセンターが開発を主導した。インドでは2014年1月に発売され、その後、ASEANなど世界60市場へ投入されるグローバルカー。

新型の開発コンセプトは、世界に通じるナンバーワン・ミッドサイズセダン。先進のスポーティデザイン、最高の快適性、最高の燃費の3点に重点を置く。ボディサイズは、全長4440×全幅1695×全高1495mm、ホイールベース2600mm。先代比では、全長と全幅は同じ。全高は10mm高くなり、ホイールベースは50mm長い。

インド向けの搭載エンジンは、2種類。ガソリンは、先代の改良版の1.5リットル直列4気筒「i-VTEC」。パフォーマンスと燃費のベストバランスが追求された。ディーゼルは、ホンダの新世代技術、「アースドリーム」を導入した1.5リットル直列4気筒「i-DTEC」。このディーゼルはインド市場専用ユニットで、優れた運転性能と燃費を両立する。

11月26日、米国の有力自動車メディア、『モータートレンド』のインド版は、新型シティのワールドプレミアの様子を、公式サイトを通じて配信。内外装のディティールを紹介している。


《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集