【デトロイトモーターショー14】アウディ、小型クロスオーバーコンセプトを予告

自動車 ニューモデル 新型車

アウディの小型クロスオーバーコンセプトカーの予告スケッチ
  • アウディの小型クロスオーバーコンセプトカーの予告スケッチ
  • アウディの小型クロスオーバーコンセプトカーの予告スケッチ
  • アウディの小型クロスオーバーコンセプトカーの予告スケッチ
  • アウディの小型クロスオーバーコンセプトカーの予告スケッチ
ドイツの高級車メーカー、アウディは12月6日、米国で2014年1月に開催されるデトロイトモーターショー14において、小型クロスオーバーコンセプトカーを初公開すると発表した。

この小型クロスオーバーコンセプトカー、現時点では車名も明かされていない。アウディによると、スポーツカーのような2ドアクーペデザインを、小型クロスオーバー車で表現したのが特徴になるという。

ボディサイズは、全長が4200mm。『Q3』の全長4385mmに対して、185mmコンパクトな大きさとなる。それでいて、短いオーバーハングや低いルーフライン、19インチの大型ホイールなどで、力強いルックスを追求する。

なお、アウディは「Qシリーズ」の入門車として、『Q1』の市販化を決定したばかり。このコンセプトカーは、Q1のデザインの方向性を示唆した1台となる可能性もある。

アウディは、このコンセプトカーの予告スケッチを4点、公開。「あらゆる道を走行できるクロスオーバー車。毎日のドライブとレジャーユースに対応する。新しいデザインは、正確なラインと張り詰めた面構成を持つ」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集