アニメ効果で来場10万人 大洗あんこう祭でガルパン痛車道コンテスト 声優ステージも

モータースポーツ/エンタメ エンタメ・イベント

茨城県大洗町(おおあらいまち)で開催された「第17回大洗あんこう祭」は過去最高10万人の人出となり、にぎわいを見せていた。また人気アニメ「ガールズ&パンツァー」の舞台として大洗が使用されたこともあり、声優のステージや痛車のコンテストも開催された。

ここ近年「聖地巡礼」と呼ばれるアニメファンによる活動が活発となり、メディアに取り上げられることも多い。特に大洗の場合はアニメに登場した商店街にキャラクターの等身大ポップを設置したり、レンタサイクルにキャラクターがデザインされた「痛チャリ」が使われたり、車両にラッピングを施した「痛電車」「痛バス」・記念乗車券・スタンプラリーなど数多くのコラボレーションが行われ、多くのファンが訪れ楽しんでいる。今回の痛車コンテストもその1つだ。

また痛車のイベントとしてコンテストはよくあるものの、作品を限定して開催される事は稀(まれ)だ。各地から集結した痛車は30台以上。痛チャリ19台、痛バイク13台と、会場はガルパン痛車道一色となり訪れた来場者たちの注目を集めていた。
《スタジオアール》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集