【マツダ アクセラ15S 試乗】軽快さとマイルドな乗り味がいい…島崎七生人

試乗記 国産車

新型『アクセラ』の1.5リットルエンジン搭載車。その6速MTの“FFのロードスターのような”胸のすく走り、爽快な操縦性はすでにご報告したとおりだ。

では、同じ「15S」の6速AT車ではどうか?カタログ諸元上の重量差はMT車に対し+30kgほど。レポーターの個人的な予想は、AT車であれば2リットル車を選んでおいたほうが無難なのでは……だった。

が、その予測は外れた。試乗してみると、MT車同様に1.5リットル車ならではの軽快でしなやかな身のこなしが味わえたからだ。正直に書いておくと、確かにキックダウンさせてクルマを前に出したい……そんな場面での加速にひと呼吸はある。だがそれ以外にはとくに不満は覚えない。街中での使用が主体のオーナーなら不都合はないはずだ。

205/60R16 92Vタイヤが組み合わせられた足回りも、パワーに見合っている。芯はしっかりさせたまま適度にアタリのマイルドな乗り味が心地よい。後席も座面の角度と高さがもう少しあるとなおいいが、基本的に乗り心地はフラットで快適だ。

またオプション設定のBOSEサウンドシステムも、現代的なセンスのバーチャルサラウンドが味わえ、スケール感のあるサウンドが楽しめた。前席だけでなく後席でも目の高さに音場ができ、優遇された“試聴席”に仕上げられているのが印象的だ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集