【東京モーターショー13】VW、ツイン up!「美しく、精度の高いインターフェイスを搭載」

自動車 ニューモデル モーターショー

VW ツイン up!
  • VW ツイン up!
  • VW ハインツ・ヤーコブ・ノイサー開発担当取締役
  • VW ツイン up!
  • VW ツイン up!
フォルクスワーゲン(VW)は11月20日、プラグインハイブリッド車『ツイン up!』を世界初公開した。

VWの開発担当取締役のハインツ・ヤーコブ・ノイサー氏は同日のプレスカンファレンスで、ツイン up!について「『XL1』の兄弟といっていいかもしれない」とした上で、「パワートレインは非常に効率の良いものになっている。2気筒ディーゼルエンジンと35kWの電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドシステム。これにより最高時速140km、100km走行あたりの消費燃料は1.1リットルを、実現することができた」と説明。

また内装に関して「私たちは新たな世界へと一歩踏み込んだ」とした上で、「非常に美しく、精度も高く直観的な部分も入っているユーザーインターフェイスが搭載されている。これにはドライブモードなどあらゆるものが入っていて、コントロール可能になっている」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集