【東京モーターショー13】三菱自動車、2020年までに電動車両の生産比率を20%に

自動車 ニューモデル モーターショー

Concept GC-PHEVの横に立つ益子社長。
  • Concept GC-PHEVの横に立つ益子社長。
  • スピーチを行う三菱自動車の益子修社長。
  • グローバルでCO2排出量の削減を目指すため、電動車両の生産比率を向上させていく。今回は2020年までに20%という数値を明らかにした。
  • Concept XR-PHEV
  • Concept GC-PHEV
  • Concept AR
三菱自動車の益子修社長は、東京モーターショーのプレスブリーフィングにおいて、2020年までに電動車両(EV、PHEV)の生産比率を20%にするという目標を明らかにした。

同社はグローバルでのCO2排出量の削減を「環境への貢献」と位置づけており、これを目的として電動車両のラインナップを増やしていく。車種に応じた最適な技術を投入し、2020年までに電動車両の生産比率を20%まで向上。電動車両のリーディングカンパニーを目指す。

電動車両に採用する先進技術や、次世代テクノロジーを「@ earth TECHNOLOGY」と称し、今回の東京モーターショーにおいては、これを披露する場としている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集