【マツダ アクセラスポーツ SKYACTIV-G 試乗】クルマ全体に感じる“いいモノ感”…島崎七生人

試乗記 国産車

マツダアクセラSKYACTIVーG
  • マツダアクセラSKYACTIVーG
  • マツダアクセラSKYACTIVーG
  • マツダアクセラSKYACTIVーG
  • マツダアクセラSKYACTIVーG
  • マツダアクセラSKYACTIVーG
久々に欧州Cセグメント車に対抗し得る日本車が登場した。新型『アクセラ』に試乗した第一印象はこうだった。

いいのは、クルマ全体を通して“いいモノ感”を感じる点。室内の仕上げや質感、しっかりとした着座感のシートなどもそうだ。操作系も今回は人間工学的な吟味が入念で、初めて接しても各部操作が自然に行なえる。

内外観のデザインもセンスがいい。クロームの加飾パーツの使い方もさり気ないし、インパネ、コンソール、ドアトリムなども自然なデザイン。外観も、フロントのナンバープレート位置が今後見慣れるかどうか……の1点以外、アテンザとはまた違うカタマリ感とナイーブな線と力強い面が織りなすスタイルは、眺めていたくなる佇まいだ。

走りもしっとりとスムースな味わい。ステアリングフィール、ロールも自然で、乗り心地がキメ細やかなのがいい。ガソリンエンジンは1.5リットルと2リットルの設定で、排気量差分の余裕では当然ながら2リットル。けれど,1.5リットルの6速MT車は“FFのロードスターか!?”と思わせられるしなやかで身軽な身のこなしと、極上のシフト(クラッチペダルも)フィールが堪能できる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集