【東京モーターショー13】ダイハツ、軽オープン コペン など3車種を世界初公開

自動車 ニューモデル モーターショー
ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Rmz
  • ダイハツ・コペン Xmz
  • ダイハツ・コペン Xmz
  • ダイハツ・エフシー デコ デッキ
ダイハツ工業は、11月23日から12月1日まで東京ビッグサイトで一般公開される「第43回東京モーターショー2013」で、ワールドプレミアとなる3車種4台の参考出品車と、市販予定車1車種1台、市販車7台および各種技術を出展する。

ダイハツのテーマは「PLAY Tomorrow! もっと軽にできること」。小さなクルマの持つ楽しさ、可能性の広がりなどを訴求し、世界の人々に豊かな生活と心踊る明日がやってくるような近未来のクルマ・技術などを各出展物で表現する。

今回ダイハツが世界初公開するのは、『KOPEN(コペン)』『DECA DECA(デカ デカ)』『FC 凸 DECK(エフシー デコ デッキ)』の3車種。

コペンは、オープンスポーツとしての走行性能の進化に加えて、樹脂外板をカバーケースのように脱着できるボディ骨格とし、ひとつの骨格で複数の意匠が楽しめるなど、新しいクルマの価値とカタチを提案する。今回はスタイリッシュ&エモーショナルな外装の「Rmz」とタフ&アグレッシブな外装の「Xmz」、2意匠を同時出展する。

デカ デカは、「スーパースペース」という新しいカテゴリーを提案。ワゴンタイプ登録車の視界に匹敵する見晴らしの良さと高いスペースユーティリティを持ち、週末のアウトドアライフを楽しむアクティブな若者やヤングファミリー、さらにアクティブシニアも想定して開発されている。

ゼロエミッション・次世代モビリティとして開発されたエフシー デコ デッキは、ダイハツが独自に技術開発した貴金属フリー液体燃料電池システムを搭載し、軽自動車規格の中で実現したモデル。さらに、この燃料電池システムを応用した発電機「FC-Dock(エフシー ドック)20C」「FC-Dock 5C」の2タイプも出展する。

また、今年10月に発売した新型『タント』をベースにした福祉車両『タントウェルカムシート』も市販予定車として展示する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集