マツダ ロードスター 次期型、ニュルで開発テスト

モータースポーツ/エンタメ 出版物
現行マツダ ロードスター
  • 現行マツダ ロードスター
  • 独『AUTO ZEITUNG』が掲載した次期ロードスターのプロトタイプによるニュルブルクリンクでの開発テスト
マツダが世界に誇るオープンスポーツカー、『ロードスター』。その次期モデルのドイツ・ニュルブルクリンクでの開発テストの様子が、海外の自動車メディアによって捉えられた。

これは10月24日、ドイツの自動車メディア、『AUTO ZEITUNG』が伝えたもの。同メディアの契約カメラマンが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで開発テストを行う次期ロードスターのプロトタイプ車の撮影に成功。同メディアがその写真を入手し、読者に公開している。

すでに公表されている通り、次期ロードスターはマツダとフィアットの共同開発プロジェクトとなり、フィアット版はアルファロメオ『スパイダー』となる。

今回、同メディアが捉えた次期ロードスターの開発車両は、現行型がベースのプロトタイプ車。同メディアによると、ホイールアーチの不自然な膨らみに、次期型のシャシーのテスト車両であることが判別できたという。

次期ロードスターは、2015年に登場する見込み。同メディアはその中身に関して、「ボディサイズは現行レベルを維持した上で、軽量化を進め、機敏かつピュアなハンドリングをいっそう追求する」とレポートしている。
《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース