台風26号の運休区間、2社2線に縮小…久留里線と小湊鉄道の一部

鉄道 企業動向
台風26号の影響により運休している千葉県内の鉄道路線は、10月21日22時の時点でJR東日本と小湊鉄道の2社2線に縮小した。

里見~養老渓谷~上総中野間の運転を見合わせていた小湊鉄道線は、10月20日から里見~養老渓谷間の運転が再開され、五井~養老渓谷間が通常運行に戻った。養老渓谷~上総中野間4.2kmは、引き続きバスによる代行輸送が行われている。

JR東日本では、内房線佐貫町~浜金谷間が10月20日始発から運転を再開。久留里線は引き続き久留里~上総亀山間9.6kmで運転を見合わせている。

一方、台風27・28号が接近中で、27号は25日から26日にかけ、九州から関東に接近する可能性がある。新京成電鉄は26日の開催を予定していた「第19回 電車基地見学・展示会」を延期することを決め、2014年3月8日に改めて開催するとしている。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集