【ITS世界会議13】トヨタ吉田常務、自動運転の定義などをきちんと社会に伝えるべき

自動車 テクノロジー ITS
ITS世界会議 トークセッションでの吉田守孝常務役員
  • ITS世界会議 トークセッションでの吉田守孝常務役員
  • ITS国際会議 トークセッション
ITS世界会議は10月15日から東京ビッグサイトでのブース展示や走行デモなどが始まった。オープニングイベントのトークセッション「『高度運転支援・自動運転』の将来について」には日米欧6社の自動車メーカーの担当役員らが参加し、意見を交わした。

トヨタ自動車を代表して出席した吉田守孝常務役員は、自動運転技術が今後、社会に受け入れられるための課題について「自動運転技術の定義や、(各技術の)カバー範囲をきちんとしたうえで、何を目的に実用化するのかといったこともきちんと(社会に)伝えなけらばならない」と述べた。

吉田常務は「最近、メディアが強調的に無人運転や自動運転について出している」と述べ、自動運転などに関する過熱気味の報道に、少々疑問を呈した。そのうえで「(個々の車両の)自律的な自動運転技術だけでは、渋滞とかは解決できない。V2V(車車間)通信などを組み合わせることで高い成果につながる」と指摘、自動運転技術を生かすには車両だけでなくインフラなどとの連携が必須との考えも強調した。
《池原照雄》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース