ヒュンダイとキア、韓国で大規模リコール66万台

自動車 テクノロジー 安全

韓国のヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)と、その傘下のキアモーターズ。両社が韓国で、大規模なリコール(回収・無償修理)を実施することが分かった。

これは9月25日、韓国の国土交通部が明らかにしたもの。「ヒュンダイとキアの15モデル、合計66万2519台をリコールする」と発表している。

今回のリコールは、ブレーキランプの不具合が原因。ブレーキランプのスイッチの接触不良により、制動時にランプが点灯しない恐れがある。

さらに、エンジンの始動不良、クルーズコントロールやESCについても、作動不良が指摘されている。リコール対象車種は、ヒュンダイの主力中型セダン、『ソナタ』など。

ヒュンダイとキアは2014年1月から、リコール作業に着手する方針。66万2519台のリコールは、韓国内では過去最大規模となる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

レスポンスコメント欄(β)開設!ぜひ気になる記事にコメントしてください

おすすめの商品

特集