日産名車再生クラブ、伝説の名車 サファリ ラリー Z 再生

自動車 ビジネス 企業動向

日産・サファリ ラリー Z
  • 日産・サファリ ラリー Z
日産名車再生クラブは、グローバルイベント「日産360」において、『サファリ ラリー Z』を走行可能なオリジナルの状態に再生すると発表した。

日産名車再生クラブとは、「ただ展示するだけでなく、きちんと動く状態で歴史的なクルマを保存したい。そして当時の最高レベルの技術を学びたい」という情熱を持った少人数のボランティアたちにより2006年に設立。日産の研究開発部門に所属し、現在では60人以上が参加している。

同クラブは、1964年に活躍した『スカイライン』のレースカーや1958年の豪州一周ラリー「モービルガス トライアル」で優勝したダットサン 210s「富士」「桜」、1947年の「たま」電気自動車など、これまでに8台のクルマを再生している。今年は、「サファリ ラリー Z」と呼ばれるスペシャルバージョンのフェアレディZ(ダットサン 240Z)を再生する。

今回再生するサファリ ラリー Zは、1971年の「東アフリカ サファリ ラリー」で優勝したラリーカー。ファストバックスタイルのクーペで、215馬力にチューンナップしたL24型エンジン(2393ccの直列6気筒OHC)を搭載していた。同車は日産のヘリテージコレクションとして、保存されている。

なお、このサファリ ラリー Zの再生は、2013年12月に完成する予定。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集