【フランクフルトモーターショー13】メルセデス、コンセプト Sクラスクーペ 発表…最上級クーペを示唆

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
  • メルセデスベンツ コンセプト Sクラスクーペ
ドイツの自動車大手、ダイムラーは9月10日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー13において、メルセデスベンツ『コンセプトSクラスクーペ』を初公開した。

コンセプトSクラスクーペはメルセデスベンツの最上級サルーン、新型『Sクラス』から派生する2ドアクーペ、『Sクラスクーペ』を示唆した1台。現行モデルではSクラスから独立した『CLクラス』を名乗るが、新型ではSクラスファミリーとして登場する。

流麗なフォルムを持つコンセプトSクラスクーペのボディサイズは、全長5050×全幅1958×全高1409mm、ホイールベース2945mmと、堂々の大きさ。ロングノーズのボンネットはキャラクターラインとパワードームが特徴。サイドのベルトラインは、高い位置に配された。ホイールアーチの奥には、フロント265/35R21、リア295/35R21のワイドタイヤが収まる。

インテリアは、ダイナミックなラインを強調した仕上げ。ダッシュボード中央には、新型Sクラス同様、12.3インチの大型モニターを配置する。エアバッグのパッケージの見直しにより、インパネの下部分のデザインが自在度を増したのも目を引く。また、ダッシュドアの内側パネルはアルミ製とした。

パワートレインは、新型Sクラスの「S550ロング」と基本的に共通。排気量4663ccのV型8気筒ガソリンエンジンは、2個のターボチャージャーで過給。最大出力455ps、最大トルク71.4kgmを引き出す。「インテリジェントドライブ」技術を導入した先進の各種アシストシステムも装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集